キャベツはどのくらいの消費期限(賞味期限)があるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加   

キャベツの消費期限(賞味期限)はどのくらい?


消費期限(賞味期限)を切らしてしまう人の特徴。
キャベツは長持ち?

食材の消費期限(賞味期限)をシビアに感じる人はきっと料理が好きな方が多いと思います。
色々な料理を作りたくて食材を買い込んだあげく消費期限(賞味期限)を切らしてしまうなんてよく聞きます。

キャベツは傷みにくい食材ですが、腐敗させてしまう人がいます。その原因を追ってみましょう。

スポンサーリンク

キャベツの消費期限(賞味期限)を長くしよう!


キャベツの消費期限(賞味期限)は冷蔵で2週間、カットしたもので2〜3日。
冷凍保存の場合、カットしたものでも2週間ももちます。

あらゆる食材の中でも、かなり消費期限(賞味期限)が長いといえます。
それはキャベツの葉に秘密が隠されています。

キャベツの葉は艶々ですよね。
あのコーティングが水分の流出を防ぎ、腐敗を遅らせているのです。

消費期限(賞味期限)を長引かせる方法の一つは、水分を出さない事が挙げられます。
ですから、新聞紙や大きめのチラシなどに包んで冷蔵保存すると、さらに消費期限(賞味期限)が伸びるのです。

消費期限切れになってしまったかも?!
消費期限(賞味期限)を守るには。

  キャベツの消費期限(賞味期限)が長いという事に油断して、ついつい消費期限切れにしてしまう人がいます。
特にカットしたキャベツは消費期限(賞味期限)があっという間で、最初の兆候としては葉が黒ずんできます。

次の日には酸味が出て来ます。(←人によってはここから消費期限という人も!)

その2日後には、葉からぬめりが出てきて完全に食べれなくなります。
食材を買う時の注意点は、その食材をどのくらいの期間で使い切るかが重要になってきます。

スポンサーリンク

においは平気?
三週間冷蔵庫に保存した場合。

キャベツに最適な保存方法にすると冷蔵庫の中でも、3週間ほど持ちます。
それは先述したよう、紙に包んだりと一手間掛けた保存方法です。

それでも3週間もすれば葉の先端部が黒ずんだり、葉がシワシワになってきたりするのです。
そういった部分を炒め物やスープ具として使ってください。

上記の症状は傷みかけなので、まだ食材として扱えますが、注意するべきところは「におい」です。
葉のにおいは本来みずみずしいにおいがしますが、完全に傷んだ野菜のにおいは生ゴミのような酸性の不快なにおいがします。

一ヶ月間保存するには…

キャベツは、丸々一玉凍らすとなんと「一ヶ月」ももつのです。
ただし、この情報は一回の食事にキャベツを1玉使い切る人限定の朗報です。

そもそも、冷凍保存は便利なのですが一度冷凍から出して解凍すると鮮度は激減します。
一回で使い切れない場合また冷凍すると、さらに鮮度は落ちます。

そもそも、一日で1キロ近いキャベツを使い切る事は、一般家庭だって珍しいことです。
消費期限(賞味期限)というのは食材を選ぶ指針ではありません。あくまで警告なのです。

食材を選ぶ時は、どのくらいの期間で自分が消費するのか考えて購入しましょう!

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加