キャベツ1玉はどのくらいの重さか

このエントリーをはてなブックマークに追加   

キャベツ1玉の重さってだいたいどのくらい?


キャベツは1枚が重なって出来る1玉。
全ての重さの目安や平均値

野菜の重さは数あれどキャベツ1玉の重さもなかなかのものです。
野菜は重たい方が得というわけではありませんが、買った野菜が重たいとわくわくしますよね!
世界記録では700kgのかぼちゃなんてものがあるそうです。
それは極端な話ですが、今回はキャベツ1玉の重さの平均や、葉1枚での重さなど解説していきます。
購入するときの目安にもなります。キャベツの葉1枚の平均重量ってなかなかあるんですよ!

スポンサーリンク

どれだけ食べることができるか?という視点の「重さ」


キャベツの良いところは重たい上にその中身の9割以上を食べられる事にあります。
例えばスイカなども重たい野菜の部類ですが、皮の部分は食べれませんので実際の中身はやや少なくなってしまいます。

キャベツの重さは700g〜1kg前後です。
似ている野菜といえば、白菜などがあたるでしょう。
いずれにせよ満腹感を満たすには、うってつけの重さだと思います。

葉1枚当たりの平均値。

キャベツ1玉の重さが平均700g〜1kgという事は説明しましたが、キャベツの葉1枚の葉の重さは何gでしょう。
これを知る事によりキャベツの葉を使うレシピも作りやすくなります。

葉の重さは1枚平均60g前後です。
ご飯一膳は150gが平均と言われています。

そう考えると、1枚で60gってなかなか重たいですよね。
キャベツの葉を4、5枚食べれば満腹感に包まれます。
それはご飯二膳分も食べている事になるからですね。
ダイエットをしている人には朗報なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

重さの目安を知る事での損得。

季節によってもキャベツの重量は変わってきます。
キャベツは冬に育つので、冬のキャベツの方が春先に比べると重たくなります。
ですので、秋頃のキャベツの重さが目安になるのです。
秋頃のキャベツの平均重量は800g前後と言われています。
この目安を知る事によりスーパーなどで、育ちが良いキャベツか悪いキャベツか見分けられるようになります。

重たいキャベツの雑学

キャベツの重さ世界一は34kgのキャベツです。
だけど、そんなキャベツは奇跡のキャベツなので、お目に掛かることはまずないでしょう(笑)

しかし、日本にはかなり重たいキャベツを栽培している農家があります。
それは北海道で栽培されている大球キャベツという品種です。

北海道では割とメジャーなのですが、1玉10kg以上のキャベツとのことです。
道民以外の方はあまり馴染み薄いですよね。
そんなキャベツ食べきれるのかという話にもなります。
値段は大体1000円前後で、やはり食べ切れない為か漬物用で購入する人が多いようです。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加