キャベツが苦いのはどんな原因があるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加   

キャベツが苦い原因は何?腐っているの?古いの?


キャベツが苦い!腐っていると早合点してはいけません。
その原因と対処法。

キャベツは本来甘みが売りの野菜です。
しかし買ったキャベツが苦いと感じた事はありませんか?
「古いのではないか?」「腐っているのではないか?」など疑問に思ってしまうと思います。
苦いキャベツには原因があります。
その原因は古いわけでも腐っているわけでもありません。
その対処法とは?原因は必ずしも一つではないので、対処も一つではありません。ケースバイケースで解説していきます。

スポンサーリンク

苦いのは人工物が原因だった!?


「甘い!」と舌鼓を打つという程ではありませんが、新鮮なキャベツはほんのり甘みが口の中に広がります。
キャベツの甘みを利用した料理がたくさんあるのです。
しかし、生で食べた際「苦い」と感じる事があります。

原因の一つに、栽培する時の「肥料」が挙げられます。
肥料は数多くあるのですが、「窒素」入りの肥料というものがあります。
窒素を含む肥料は野菜の成長を増進させる点では優秀なのですが、使いすぎると味を苦くしてしまうというデメリットがあるのです。

腐っている場合はすぐ分かる!

キャベツが苦い原因を「腐っている」と思う人もいると思いますが、腐っている野菜は苦いというより「酸味と異臭が入り混じる」という感じです。

原因が傷んでる事じゃないにしろ苦いキャベツに良いところなど一つもありません。
正常なキャベツは甘みがあり、シャキシャキ感があります。
ですから、苦味を感じたら炒め物にしてしまいましょう。

熱を入れる事によって甘さが増し、苦味が消えるのです。

スポンサーリンク

苦くなる原因2。
気遣いで解決!

大根やわさびの苦さや辛さには原因があります。
原因の成分にイソチオシアネートというものがあります。

この成分は空気に触れる事で辛さや苦さを出すのです。
ですので、わさびや大根をおろし金で擦ると辛さや苦さが出てくるのです。

キャベツもその成分を含んでおり、カットした際に放置しておくと、辛さや苦さが出て来ます。
対処法としてはカットしたキャベツを空気に触れないようラップをしたり容器に入れたりして苦味を防ぎましょう。

ちょっとした対処で味や品質は保たれます。
野菜は生ものという意識を持ち、購入する際はジップロックやラップを持っているのか思い出してみてください。

古から苦いのかな?
残留農薬かな?… 

「古い野菜」「農薬が付いた野菜」=「苦い」
それは安易に考えすぎなのです。

古い野菜だからといって味が激変することはありませんし、農薬の味を感じ取ってしまうくらい残留農薬が付いている場合は苦いと感じる前に身体を壊してしまいます。
多くの原因は成分によるものだと思います。

カットもされていない(窒素肥料の可能性も0とする)キャベツが苦く感じるのは、そのキャベツ自体の生まれ持った味です。
品種改良によって甘みが多くなってきたキャベツですが、稀にそういったキャベツも生まれてきて、出荷されるのです。

天然の苦いキャベツを購入する確立はかなり低いので、もし当たったらラッキーと苦笑いするしかありません(笑)

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加