キャベツの値段(価格)の相場は1玉いくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

キャベツ1玉の値段(価格)の相場と推移について


野菜の価格(値段)相場の推移。
キャベツ1玉の推移は…?

食費を抑えたいという人は主婦のみならず、一人暮らしの人も同じですよね。
今回はキャベツ1玉の価格(値段)や相場の推移に関して解説します。

まず価格(値段)が安いとはどう捉えるべきか考えてみましょう。キャベツ1玉で「何食」食べられるかも重要になります。
また野菜は全般的に価格(値段)相場の推移が上下します。先週と価格(値段)が違うなんてよくある話です。
いつ買えばいいのかも抑えていきましょう!

スポンサーリンク

その値段を安いと見るか高いと見るか…


キャベツ1玉の価格(値段)は、およそ200円前後〜150円前後です。
色々な野菜と相対的に見ても非常にリーズナブルだと思います。
1玉1キロ近くある野菜が200円未満の価格(値段)で購入出来るのは、嬉しい事ではないでしょうか。

一人暮らしの方なら1玉で4、5日はもつと思います。
価格(値段)はきゅうり三本分、トマト三個分くらいなのですが、きゅうりやトマトは飽くまでメイン料理に添える程度の食材であって、単体で食事するに向いている食材ではありません。
キャベツは味付け次第では単体で食べる事も可能ですし、値段以上の味・量だと思います。

スーパーの価格(値段)がやっぱりお得?
平均価格は…?

野菜の価格(値段)は季節や住んでいる場所でも変わってきます。
まずは季節の説明からしていきましょう。

キャベツは高原野菜なので、寒い時期に収穫量の平均値が上がります。
住んでいる場所が高原地帯(長野県や群馬県)だと、熱帯地方に比べ価格(値段)が50円以上安くなることも珍しくありません。
ちなみに生産量が多い地域は愛知県、群馬県です。
スーパーなどでは特売で1玉100円を切るところも多いようです。

平均価格(値段)は、50円以上高低があるので算出するのは非常に難しいのですが、スーパーなどで買う場合は価格競争の兼ね合いの為、1玉200円前後がほとんどです。

スポンサーリンク

相場の推移が高くなっていく理由。

野菜の相場の推移が激しいのは天候の関係もあります。
台風などの水害に見舞われた時は、100円以上の値上がりを見せる野菜もあるのです。

キャベツも例に漏れず天候に左右されます。
ただし、キャベツはご存知の通り固い野菜なので多少の水害などではびくともしません。
それは白菜や芋など固めの野菜に見られる傾向です。

逆にパセリやレタス、トマトなどは水害が起きた時はすぐ値上がりをするのでご注意を!
ですので、キャベツの相場の推移が高くなった時は、単純に「季節的」という理由が多いのです。

価格(値段)の総評

キャベツは一番高い季節でも200円前後です。
何よりも嬉しい事は、食べれない部分がないということに尽きるのではないでしょうか。

ヘタのある野菜は切った分だけ量は減りますし、満腹感という観点では、好ましくありません。
そういった部分でもキャベツは家計に優しい価格(値段)なのです。

なぜそんなにキャベツが安いのかというと、キャベツ生産国第二位という事が挙げられます。
元々は外国の野菜なのに、日本は独自のキャベツを多く生産している珍しい国と言えます。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加