キャベツ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

キャベツ博士が解説するキャベツの豆知識

 


あなたがよく食べる野菜はなんでしょうか?
この質問に対して、おそらく「キャベツ。」と答える人も多いと思います。

 

キャベツといえば様々な料理に使われ、「栄養・味・値段・量」、どれをとっても優秀な野菜です。

 

そんなキャベツの事をあなたはどのくらい知っていますか?
普段から口に入る事の多い食材を知る事は、あなたの健康は勿論のことキャベツ料理のコツなども知る事に繋がります。

 

キャベツの歴史はとても古く、愛されているのには理由があります。
どんな歴史があるのか?なぜ一年中食べられているのか?など、紐解いていきましょう。

 

栄養面や成分なども細かく説明していきます。
「野菜=健康」という考え方では健康を得る事は出来ません。
適切な量や含まれている栄養素にも注目していきましょう!

 

「キャベツは食べ過ぎると危険?」
「洗いすぎるとデメリットが?」
そういった知識を蓄える事により未然にデメリットを防げるのです。
キャベツを食べる事はデメリットよりメリットの方が断然多いのですが、抑えておきたいポイントもあるので是非参考に!

 

栄養や歴史以外にも「キャベツの語源」や、「キャベツの名を冠したお菓子」の雑学など面白い要素も含めて解説していきます。
読み終わる頃にはキャベツが大好きになっていること間違いなしです。下を読み進めてみましょう。

スポンサーリンク

1玉何カロリーなの?

キャベツ1玉の重さは身の詰まり具合にもよりますが、約700g〜1kgです。
ダイエットの野菜を連想すると「キャベツ」の名前が挙がる人も多いかと思います。
そんなキャベツのカロリーはどのくらいなのでしょうか。
1玉丸々食べるのは現実感がないので、4分の1カットまたは100g摂取する際のカロリーもまとめました。

 

キャベツ4分の1カットだと「野菜炒め」二人分。
キャベツ100gだと「とんかつ」などに添えてある千切りキャベツ程度です。


>>記事の続きを読む<<

 

ダイエット効果のある食べ方について

野菜ダイエットはダイエット界では主流となっています。その中でもキャベツは人気の高い野菜です。
その理由は?食べ方やレシピは?

 

ダイエットに適している野菜を挙げていくと、「トマト」「ブロッコリー」「レタス」なども当てはまります。
しかし、どれも「サラダ」という食べ方の枠からなかなか広がりません。そういった時のお助けマンがキャベツなのです。

 

「ダイエットの極意」は楽しくやることです。楽しいから習慣になるのです。そして習慣から初めて効果が出てきます。


>>記事の続きを読む<<

 

どんな効果効能があるのか?

身体に良いとされている食材は「栄養の摂取」の他に、「人間の体内で形成出来ない栄養を摂取出来る」という点が挙げられます。
キャベツは多くの栄養が含まれており、人間の身体では形成出来ない栄養も多く含んでいます。

 

その栄養の効果や効能は多岐に渡ります。一般的に知られているのは「胃」に関しての効果・効能です。
さらに「肌」「胸」など、女性に嬉しい効果・効能もあります。

 

しかし食べ方によっては先述した「胃」「肌」「胸」に影響が薄れてしまう場合があります。ここでは効果的な食べ方を紹介します。


>>記事の続きを読む<<

 

栄養素と成分を調べてみると…

キャベツの栄養素は他の野菜と比べてもかなり多く、古代ギリシャでは豊富な栄養素から「薬草」として重宝されていました。
キャベツはビタミン、ミネラルの数だけではなく、グラム当たりの「含有量」もかなりのものです。

 

レモンを半玉摂取するのは大変でも、キャベツの葉を50g食べるのは一口で済みます。
その場合驚く事にビタミンCの摂取量はキャベツの方が多いのです。
栄養価が高い野菜は基本的に味が偏っている事が多く、少しずつしか栄養にする事が出来ません。
栄養の王様キャベツの分析をしていきましょう!


>>記事の続きを読む<<

 

意外と糖質量が多いって知ってた?

「糖質」という成分が人体に悪い栄養という風潮があります。
確かに糖質を取りすぎると肥満などの原因となりますが、それは糖質量の問題も係わってきます。
それでは糖質制限をするにはどうしたらいいのでしょうか。
人が必要とする糖質量や糖質制限を考えたキャベツレシピなどを紹介します。
キャベツのレシピの中には健康を保つものも沢山あるんです!


>>記事の続きを読む<<

 

食物繊維の量は多いの?少ないの?

「食物繊維量が不足している」という言葉をどこかで聞いた事のある人も多いかと思います。
「○○が不足している」という言葉が先行してしまい、○○に関しての知識が少ないという事ではいけません。

 

ここではキャベツに含まれる「食物繊維量」の詳細や、他の野菜に比べ食物繊維量の多い、少ないなどを解説していきます

 

100gのキャベツの食物繊維量は?一日に必要な食物繊維量はキャベツ100gからどの程度摂取出来るのか?
様々な視点で紐解いていきましょう!


>>記事の続きを読む<<

 

知っておくと便利な保存方法について

家族で生活する方は勿論、一人暮らしの方は特に食材の保存期間が気になりますよね。
長期保存が出来る食材は出費の抑制にもなります。
キャベツの保存期間もやり方によっては長期保存が出来き、優秀な保存食になり得ます。

 

キャベツは千切りといったカット物の方が長持ちするか?
千切りのキャベツがたまに売っているのを見ますが、賞味期限を気にした事はありますか?

 

保存食と言われる食材には多種多様の保存方法があります。
今回はキャベツをベースに置き保存方法を解説していきましょう。


>>記事の続きを読む<<

 

冷凍させても美味しく食べるコツ

会社や学校から帰ってきてヘトヘト…という方も多いと思います。
そういった時、冷凍庫の中に作り置きの食べ物があると便利ですよね!

 

作り置きじゃなくても、ざく切りや千切りにしたキャベツが冷凍庫に入っていたら、カットの手間が省けて便利です。
キャベツ以外の野菜のざく切り、千切りがあると様々な料理をすぐに作る事が出来るのです。
冷凍する事のメリットを挙げていきます。


>>記事の続きを読む<<

 

消費期限(賞味期限)は何日くらいなの?

食材の消費期限(賞味期限)をシビアに感じる人はきっと料理が好きな方が多いと思います。
色々な料理を作りたくて食材を買い込んだあげく消費期限(賞味期限)を切らしてしまうなんてよく聞きます。

 

キャベツは傷みにくい食材ですが、腐敗させてしまう人がいます。その原因を追ってみましょう。


>>記事の続きを読む<<

 

1玉あたりの値段(価格)の相場観はどのくらいなのか

食費を抑えたいという人は主婦のみならず、一人暮らしの人も同じですよね。
今回はキャベツ1玉の価格(値段)や相場の推移に関して解説します。

 

まず価格(値段)が安いとはどう捉えるべきか考えてみましょう。キャベツ1玉で「何食」食べられるかも重要になります。
また野菜は全般的に価格(値段)相場の推移が上下します。先週と価格(値段)が違うなんてよくある話です。
いつ買えばいいのかも抑えていきましょう!


>>記事の続きを読む<<

スポンサーリンク

1玉の重さって、だいたいどのくらいあるの?

野菜の重さは数あれどキャベツ1玉の重さもなかなかのものです。
野菜は重たい方が得というわけではありませんが、買った野菜が重たいとわくわくしますよね!
世界記録では700kgのかぼちゃなんてものがあるそうです。
それは極端な話ですが、今回はキャベツ1玉の重さの平均や、葉1枚での重さなど解説していきます。
購入するときの目安にもなります。
キャベツの葉1枚の平均重量ってなかなかあるんですよ!


>>記事の続きを読む<<

 

食べ過ぎに注意!実は太りやすい食べ物だった?!

ビタミンCや食物繊維など栄養を多量に含むキャベツ。
しかし量を誤って食べ過ぎると腹痛、最悪病気になってしまう恐れあります。
ここではキャベツの適切な量や、キャベツを食べ過ぎるとなぜ、病気や腹痛に見舞われるのか紐解いていきます。

 

良い事尽くめのキャベツにも落とし穴があった!?
あなたの食べているキャベツの量。大丈夫でしょうか…?


>>記事の続きを読む<<

 

芯に眠るビックリするくらいの栄養価!

植物に置ける定義が「枝より幹に栄養が通っている」というもです。
それは決してキャベツも例外ではなく幹=芯に栄養が集中しています。

 

多くの人はキャベツの芯を切り取った後に捨ててしまっています。
栄養の宝庫である芯は切り取った後でも栽培出来る程の再生力を持っているのです。

 

今回はキャベツの芯の調理法や栽培する時に必要なもの、再生するまでの期間を解説します。


>>記事の続きを読む<<

 

一番美味しく食べられる旬の時期はいつごろ?

通年して売り場に並ぶキャベツ。みなさんはキャベツの旬の時期をご存知でしょうか。
例えばスイカの旬の時期は夏ですよね。夏になるとみずみずしいものが食べたくなると思います。
キャベツを食べたくなる季節はありますか?
冬が育ちやすい季節って話は本当でしょうか。
それでは冬以外に栽培されたキャベツは美味しくないのか?など紐解いていきましょう!


>>記事の続きを読む<<

 

冷蔵庫に入れると何日くらいまでOK?

飲食店の用語で日持ちしない食材の事を「足が早い」と言います。
主に鶏肉や刺身などを指す時に使われる言葉です。
野菜ですとインゲンやしいたけなどが足が早いと言えるでしょう。
それではキャベツの日持ちはどうでしょうか。

 

冷蔵庫の中はキャベツにとって適温なのか?
また、おかず用に調理してしまった時の賞味期限など解説していきます。
レシピによって日持ちしにくくなる場合もあるのです。
日持ちする為のレシピやしまい方もあるので同時に覚えていきましょう!


>>記事の続きを読む<<

 

正しい洗い方について/洗わないとどんなことになるのか?

野菜を洗う理由はいくつか挙げられると思います。
まず売り場で様々な人たちが触るからという理由。
もう一つは野菜に付いた土を落とすという理由からです。

 

主に芋系の野菜に言えるのですが、土の中で育った野菜は土が多く付着しており洗い流す必要があります。
それではキャベツはどうでしょう?
キャベツを洗う時には、気をつけなければならない洗い方もあります。
まずはキャベツの洗い方から解説していきます。


>>記事の続きを読む<<

 

苦い原因とは?腐っているのか、古いのか

キャベツは本来甘みが売りの野菜です。
しかし買ったキャベツが苦いと感じた事はありませんか?
「古いのではないか?」「腐っているのではないか?」など疑問に思ってしまうと思います。
苦いキャベツには原因があります。
その原因は古いわけでも腐っているわけでもありません。
その対処法とは?原因は必ずしも一つではないので、対処も一つではありません。ケースバイケースで解説していきます。


>>記事の続きを読む<<

 

人気レシピ第1位の料理とは?!

数多くの国でキャベツを使った料理は人気です。
レシピも王道から主婦のアイデアレシピなど多岐に渡ります。

 

キャベツを使った料理・検索一位は不動の人気ようで、やはり時代は変われど「美味しさ」という気持ちは変わらないのでしょう。
今回は人気レシピや検索一位の料理など紹介していきます。


>>記事の続きを読む<<

 

英語で言う時はどう発音するの?

そもそもキャベツって何語なの?と思われる方もいると思います。
それはキャベツの歴史を紐解く事にも繋がります。
英語で発音する場合「キャベツ。」で伝わるの?
発音を合っていないと外国に行った時に困ってしまいますよね。
数え方だって勿論あるんです。複数形での言い方も気になりますよね。

 

英語での発音は若干日本語とニュアンスが違う場合が多いですよね。
数え方でも1玉や1個など日本語は様々です。英語だって複数形はそれぞれです。
ここでは「キャベツ」の英語での発音や場合に応じた複数形など、外国で買い物する際や外国のレシピを見た時に対応出来るよう解説していきます。


>>記事の続きを読む<<

 

人気のお菓子「キャベツ太郎」はなぜこんな名前がついたの?

子供の頃に食べた駄菓子を急に食べたくなる時がありますよね!
「うまい棒」「キャベツ太郎」「餅太郎」などお馴染みの駄菓子が頭に浮かびます。
驚く事に今挙げた駄菓子は全て同じ会社が販売しているのです。

 

「株式会社やおきん」は創業50年以上続く老舗駄菓子メーカーです。
先述した商品以外にも多くの駄菓子を世に送り出しました。その中でも人気商品の「キャベツ太郎」。
今回はこの駄菓子の人気に迫ります。名前の由来も気になりますよね。
「なぜキャベツなんだ?」「なぜ太郎なんだ?」
商品キャラのカエル。この由来も気になりますよね!


>>記事の続きを読む<<

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加